【 夏季休業 】 8/10~8/18の期間はお客様対応および出荷はお休みとさせていただきます。

108日間の長期断食「煩悩ファスティング」6日目/体重が落ちない理由

108日間の長期断食「煩悩ファスティング」

108日間の長期ファスティングは昨日で6日目を終えました。

メイン画像、僕じゃないですよ(笑)

さて、まず数字から。

体重:-1.1kg(+0.5kg)
体脂肪:-1.1%(-0.2%)
運動:通勤3973歩
※ビフォー比較(昨日比較)

体重増えました(笑)

今回のファスティングは、僕自身ちょっと驚いています。
6日間も経ってるのに、数字上の変化がなさすぎて。
徐々には落ちているものの、他の方や自身の今までのファスティングより減りが全然少ないです。
しかし、デトックス感覚はあり、身体の調子はいいですし、体つきも少しずつですが、徐々にかわってきています。

さて、この減らない状態に疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?
この状態はいけないことでしょうか?

いえ、実は、身体にとってベストな状態です。
やり方や身体の状態によって、差がでます。

ちなみに補足ですが、ファス味噌では体重も体脂肪も減らない、ということでない、ということではありません。
あくまで、僕の場合は、意図的にそういう状態になっている、ということです。
実際にこれまで数多くの方が減量(特に体脂肪)に成功していますので、補足させてください。

さて、僕の場合ですが、体重や体脂肪があまり減らない理由とは一体は何故なのでしょうか。
考えられることは以下のとおりです。

1、栄養を吸収できる土台づくり

まず前提に、直前に暴飲暴食はしたものの、複数回のファスティング経験や普段から食生活のバランスを意識してきました。
なので、栄養をしっかり吸収できる身体の土台作りができていることです。
そのため、同じ栄養をとった場合でも、土台ができている人とできていない人では、吸収率(量)に差がでます。
もちろん、その時の精神状態も影響しますよ。

2、しっかり栄養を補給している

栄養を吸収できる土台があり、かつ栄養バランスの良いものを、量もしっかり摂取できている状態です。
さらに今の僕の場合、極端に運動量が少ない分、吸収した栄養が運動に消費されず、身体が満たされているため、活動に脂肪をあまり使ってない状態です。
また、朝と夜では栄養の吸収率が全然違うのですが(朝は排出、夜は蓄える)、気にせずに寝る前でもがっつりのんでいます。

このことから、食べている量は、ファス味噌と水だけと明らかに少ないのに、体重や脂肪の減りがとてもゆるやかです。
体調不良になることもなく、7日目でエコモードなはずなのに疲れやすさも感じませんし、便の状態から腸の状態も良好ということがわかります。

全然食べてないのに、減らないってびっくりじゃないですか?

もし、普段から食生活が乱れている方は、腸内環境の状態がよくなく、デトックスの毒出し作用があり体調を崩しやすいです。
さらに、酵素ドリンクの量をしっかり摂っても、身体が栄養を吸収できないので、ダブルパンチです。
いわゆる好転反応と呼ばれているやつですね。

その分、栄養がたりなくなって脂肪をエネルギーに使いはじめますので、体重は落ちますよ。
ただ、一般的なダイエットや酵素ドリンクでは、塩分が不足しがちなので体調を崩しやすいですし、タンパク質も不足しがちなので、筋肉(代謝)も落ちやすいですが。
ちなみに、ファス味噌は塩分もタンパク質もその他ビタミンなどの栄養素もしっかり補給できますよ(キラリ)

必ずしも体調を崩すわけではありませんが、ご自身の今までの食生活や精神状態などを参考にしてみてください。
心配な方は徐々に身体を慣らしていってくださいね。

僕の場合、ファスティング開始から運動をしっかりするつもりだったので、そこが予定外ではあります(笑)
ただ、はじめから意識していたのは、108日という長期ファスティングなので、急な減量にならないよう、また筋肉が落ちないようにすることです。

対策として、味噌汁をいつもより多く飲んでいるのです。
栄養が満たされていて、細胞の飢餓スイッチが入らず必死になってくれていない!
ということでもありますが(笑)

でも、今回は負担はかけたくないですし、ジリジリ減っているのでこれでOKです。
おそらく2週間くらいすると、体重も今よりも落ち始めるのでは、と予想しています。

ではでは、7日目も動かずに仕事がっつりします。
みなさま良い1日を!

タイトルとURLをコピーしました